2011年 01月
--日(--)
17日(月)
14日(金)
12日(水)
12 | 2011/01 | 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

出産記録②

前回の記事はコチラから→http://tamigon102.blog86.fc2.com/blog-entry-119.html

さてさて、LDR入室後
陣痛はだいたい3分ごとにくるようになりました。

10時半頃、先生が訪室。
「どや~?頑張ってるか~?」
と、のんきに言われただけで内診されずに退室・・・

助産師さんも忙しいのか、あまり様子をうかがいに来てくれず
とにかく深呼吸とセルフ腰マッサージをしながら耐えていました(泣)

でも、痛みがないときはほんま平気で、メールやツイッターでつぶやく余裕はあったのです。
陣痛のしくみって不思議ですね~

11時頃、先生による内診

これがまた痛いのなんの
『先生!グリグリしすぎ』と思わず言いそうになりましたが・・・

LDRの天井にシミが付いてたので
なんでこんなトコにシミが
と違うことを考えてガマンしました

内診の結果。8センチまで開いてきてるけど
赤ちゃんがまだ下には下りてないとのこと・・
でも、こっから急に進む場合もあるし
旦那さんに出来るなら早く来てもらうように、と言われました。

旦那さんはあいにく12時まで仕事で
早くとも病院に着くのは13時・・。

TELで旦那さんにその旨を伝えると、とにかく終わり次第行くと返事。

11時半頃、ツイッターのつぶやきを見て
友人2名が急遽駆けつけるとメールがあり、ありがたさに思わず涙ぐむ・・

ほんま、こんな時にまで来てくれて、なんて良い友人なんでしょう・・


12時、助産師さんが足湯をしてくれる。
しかも陣痛を促すというアロマオイルを入れてくれた。

でも最中も陣痛がきて、横に向きたいけど足湯してるから向きが変えられず、
かえってしんどかった
これは意味があるのかと一人考えながらケアを受ける


13時、旦那さんと友人が来てくれた!

旦那さんや友人からの手厚いケアを受け、ほんまホッとした

14時、先生訪室
またもやグリグリ内診を受け、人工的に破水される

もう、これが痛くてたまらず、
深呼吸してるつもりやったけど、たぶん悲鳴やったと思う・・・
子宮口は9センチまで開いたとのこと。

先生が、たぶん陣痛の起こり方が変わると思うと説明され、
実際にさらに痛みが増強

それまでは友達としゃべったり写真撮る余裕もあったけど
それもだんだん無理になってきた

17時、助産師さんにて子宮を収縮させるため、乳輪マッサージを受けながら陣痛を促す。
その度に陣痛がやってくる…

18時頃、先生の内診。
まだ子宮は9センチのまま(*_*)
出血量が多いとのことでエコー受ける。

子はやっぱり下りてきてなくて、先生から
このままやと明日の朝か昼になるかもしれん、
お母さんも赤ちゃんも体力がもたへんかもしれんし、
帝王切開を考えてみるのはどうか、と
説明を受ける。

ここまできたのに、もうちょっと頑張ったらもしかしたら赤ちゃんも下りてくれるかもしれんし
今ここで帝王切開を選んだら痛みから逃げるような気がする。
でも、これ以上の痛みに果たして耐えられるやろうか・・

実際、陣痛がMAXの時より引いてきて、
さっきまで話せる余裕なかったのに、旦那さんと話せる程度になっていた。

旦那さんと、どうしようかと相談していると
隣のLDRから何やら悲鳴が聞こえてきて
しばらくして、「ハッハッハッ!!」という大合唱に変わった。

そして、おんぎゃぁ~~~~と、産声が~~


お隣さん、いつの間にか来られて、先に産まはったみたい

こっちの赤ちゃんはどうなってるんやろ・・。

結局、もう一回先生に診てもらって、現状が変わらんかったら帝王切開してもらおうと
二人の意見をまとめた。

しばらくして先生が来られ、再度エコーされると
赤ちゃんは本来回転する方向と逆向いているとのこと。

やはりこれではなんぼ頑張っても時間がかかり二人とも体力が低下するとのことで
帝王切開になった。

決まったとたん、剃毛や子宮収縮抑制剤の投与、同意書の署名等、
慌ただしく準備が進む。
同時に体がものすごく震えてた。
寒いワケじゃないんやけど、ブルブルブルブル・・止まらんかった
先生は陣痛の影響やろうって言ってたけど、同意書の署名の時がミミズみたいやった汗

20:55、LDRを出て、歩いて隣のOPE室へ。
OPE室で、他の先生やナースさんが待機して準備してくれてた。
台に上がって、まな板の鯉状態になり、背中に麻酔の管を入れられ、尿の管も入れられた。
途中陣痛がきたけど、麻酔が効き出すとさっきまでの痛みは一体何やったって言うくらい
なんも感じなくなった。

で、いつの間にか旦那さんもOPE室に来てて、OPEは始まった。

麻酔が効いて、ものすご~く眠くなってたけど
赤ちゃんが出てくるまで寝てたらアカンと自分に言い聞かす・・。

そして、「うわ~ぐるぐる巻きやな~」と先生が言ったと思ったら
お腹から赤ちゃんが取り出されるのがちらっと見えた

横でスタンバイしてた小児科の先生の手元に運ばれ、処置を受け、
「おんぎゃ~~~~~~~~~~~~~~~」と産声を上げた息子・・・

ばんざ~~~~~~~~い

生まれた!
21時23分、息子誕生!

良かった、ホンマ良かった・・・

処置を受けた息子をナースさんが顔の横まで運んでくれた

良く泣いて元気そうやった。

「よー頑張ったなぁ~、えらかったなぁ~」
そう言って触ってあげた。

自分は感動して泣くかなと思ったけど、それよりも安心の方が大きくて涙は出んかった

その後、自分の処置が進む。
私は安心したのかしばらくウトウトしてた・・。
でも、先生が何やら世間話をしながら私のお腹をいじくってた記憶がある・・。

無事に終わり、そのまま回復室へ運ばれ
旦那さん、母と義父さんが来てくれた。

よー頑張ったなー、赤ちゃん見てきたでー、と親も喜んでくれてた。


生まれた②
(ope後すぐ新生児室で休む息子)


あー、ほんまこれで終わったんやなぁとぼんやり思いつつ

夕べからほとんど寝てなかったので、みんなが帰った後、眠りに入った。


まだまだしぶとく話は・・・
スポンサーサイト
17:38 | 赤ちゃん日記 | comments (4) | edit | page top↑

出産記録①

だいぶ日が経ちましたが
出産の記録を残しておこうと思います

長文になりますので覚悟して読んで下さい


続きは下記から・・・
続きを読む
18:32 | 赤ちゃん日記 | comments (0) | edit | page top↑

【報告】生まれました!

報告が遅くなりましたが、
昨年の12月19日、長男出産しました


智紀生まれた


陣痛から出産に至るまで大変な道のりでして、(それはおいおい報告します)
いわゆる「難産」ってやつでしたが、
結果的に元気に生まれてきてくれてホンマ良かったです


出産からはや3週間経ち
育児に奮闘する毎日ですが、私もムスコも元気です

またゆっくりと出産記録をUPしたいと思います
まずは報告まで・・・
19:00 | 赤ちゃん日記 | comments (4) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。